株式会社ミツトヨ

検索結果詳細
件名 マイクロメータヘッド クランプ機構 【ねじクランプ式】【リングクランプ式】とは?
回答

スピンドルをロックする機構として、【リングクランプ式】と【ねじクランプ式】を採用しております。

 
リングクランプ式(写真-1)とは、

クランプ操作は、リングの回転でスピンドルを押さえる機構となります。(図-1

余計な突起部分が無いため装置への取付けに制約が無く、これまで標準的に使用されております。

 

ねじクランプ式(写真-2)とは、

標準的な外側マイクロメータと同じように、スピンドルをねじで直接的に固定するシンプルな機構となります。(図-2

常時振動が加わる装置や位置決め装置には最適な機構です。

※但し、クランプねじが飛び出す形状のため取り付け場所に制約があります。

添付URL ミツトヨレポートNO,251 ねじクランプ式マイクロメータヘッドの紹介
ねじクランプ式マイクロメータヘッド R294 カタログ
マイクロメータヘッド カタログNO,12032
参考になりましたか?
  
Powered by i-ask
ページの先頭へ