株式会社ミツトヨ

検索結果詳細
件名 器差±1μmのマイクロメータの基点合せに、寸法誤差±2.0μmの基準棒を使用して 問題はないでしょうか?
回答 基準棒のカタログに記載しています「呼び寸法に対する寸法許容差」とは、
呼び寸法(MB-25なら25.000mm)に対してどの範囲までの寸法差があるかを指しています。
その範囲の基準棒を値付けして防熱カバーに「+1μm」等の表示をしています。
例えば、基準棒MB-25で「+2μm」の表記の場合、実際の寸法は25.002mmになります。
従って、基点合わせの時にマイクロメータの表示をこの寸法に合わせて基点合わせを行います。
参考になりましたか?
  
Powered by i-ask
ページの先頭へ