検索結果詳細
件名 マイクロメータやノギスは特定計量器ですか?
回答 いいえ、違います。
社会生活に影響の大きい商店や病院などで使用されるはかり(水道メータ、ガスメータ、電気計器、ガソリンスタンドの燃料油計、タクシーメータや健康管理に欠かせない体温計や血圧計など) 18種類の計量器を「特定計量器」と計量法で定められております。
特定計量器を製造及び修理した場合、国や都道府県が、その構造や誤差を基準以上であるかどうかを検査する必要があります。この検査を「検定」といい、検定に合格した計量器には、検定証印がつけられ取引や証明に使えるようになります。検定証印、または基準適合証印がついていない特定計量器は、取引や証明に使えません。
検定証印や基準適合証印の印のある正確なはかりも、使用しているうちに誤差が生じる場合があります。そこで、商店や病院などで取引や証明に使用されているはかりは、2年に1度、法定の定期検査を受けることが義務付けられています。検査に合格したハカリには、合格した年月と次回検査年が表示された「定期検査済合格ステッカ」が貼られます。検定の間隔は、水道メータは 8年、ガスメータが 10年(一部のもの7年)、燃料油メータは5年、自動車等給油メータは7年、タクシーメータは 1年などと決められています。
参考になりましたか?
  
Powered by i-ask